脳梗塞は治療できる|治療先の病院をきちんと選ぼう

ナース
このエントリーをはてなブックマークに追加

第四の治療法

診察室

ガンの新しい治療法

日本で死因第一位のガンは決して治らない病気ではありません。その治療法は主に外科的療法・放射線療法・化学療法の3つです。そして第四番目の治療法として注目されているのが免疫療法です。免疫療法とは体内の免疫システムを用いることでガンを撃退する治療法となります。なぜ従来からある免疫をガン治療に使えなかったのかというと、そもそも免疫とは体外からの侵入してきた異物を察知して排除するシステムです。でも、ガンは自分の細胞が悪性に変異したことで起こるため、自分自身の細胞として認識してしまうため免疫が働きませんでした。最近の医学の進歩によってガン細胞を異物として認知させることを中心に考えられた治療法がこの免疫療法というわけです。

患者への負担が少ない

この治療法が注目が集まっているのには理由があります。従来からある外科的療法・放射線療法・化学的療法には、体にメスを入れたり、正常な細胞を破壊したり、重い副作用に悩まされることがありました。がん克服するために数か月の時間を要し、その間ずっと痛みや吐き気などに苦しむことも少なりありません。これは患者の体に大きな負担を強いていたことになります。でも、免疫療法はこれまでの治療法とは違います。従来から自分の体内にある免疫を用いることで治療するため、患者の体の負担が非常に小さいです。免疫システムに働きかける投薬を済ませるだけなので、重い副作用に苦しむことはないと言われています。そして、今後もこの免疫療法はさらなる発展を果たす可能性を秘めています。