脳梗塞は治療できる|治療先の病院をきちんと選ぼう

医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

肺炎の検査と治療

病院

肺炎は予防と早期治療が大切であり、城東区の呼吸器内科では肺炎の精密検査と専門的な治療が受けられます。肺炎の検査方法には、胸部レントゲン検査や喀痰細胞診検査、胸部CT検査などがあります。肺炎の治療は抗生物質の投与による薬物療法が中心になります。

読んでみよう

病気を早期発見できる

病院

平野区で人気のある病院は、検査機器などの最新の設備が整っていたり、カウンセリングをしっかり行っている病院です。地域に密着した診療所や、規模の大きな総合病院などがあり、症状に合わせて受診することができるのが特徴です。

読んでみよう

血栓が詰まることで発症

頭痛

一刻も早い処置を

血栓が脳を走っている動脈に詰まってしまうことで脳梗塞が起こってきます。小さな血管に詰まりやがて流れて行ってくれれば、一時的な症状で収まってしまうこともありますが、大きな動脈に詰まり流れていかない場合は、突然に倒れたり麻痺がおこったりと重篤な症状が出てきてしまいます。時には命を落としてしまうこともありますので、これらの症状が発生した時には速やかに病院に運び適切な治療を行っていかなければなりません。脳梗塞が起こってしまったときは治療が早ければ早いほど、治療の効果を大きなものにすることができます。血栓を溶かしてしまう薬が開発されていてこの薬を投与することで速やかに血栓を溶かしてしまうことができます。ですがこの薬は発症後3時間以内に投与しないと効果を発揮することができません。病院にいかに早く運び込むかによって予後の状態にも大きな影響が出てきてしまいます。

血流の管理

脳梗塞は再発してしまう危険が高い病気です。一度脳梗塞になってしまうときっちりとした血流の管理が必要になってきます。血栓ができてくる原因を探り、その原因が心臓で起こる不整脈によるものなのか、高血圧による動脈硬化でできてくるものなのか、血管内にたまっている脂肪によるものなのかをしっかりと病院で検査を行わなければなりません。そして血管に血栓ができないようにする治療を行わなければ再発という最悪の状態になってしまうことも少なくはない病気です。血流をサラサラにするワーファリンという薬があって、それを医師に処方してもらうことで血流状態を改善して血栓ができにくくする治療もおこなわれています。脳梗塞は一刻も早く治療することが、命をも救うことになります。

第四の治療法

診察室

免疫療法は、外科的療法・放射線療法・化学的療法に次いで第四番目のガン治療として注目を浴びているジャンルです。その大きなメリットの一つが痛みなどの患者への負担の小ささが他の3つよりも小さいことにあります。

読んでみよう